お問い合わせ
MENU

設立趣意

設立趣意
中部圏は日本の航空宇宙産業の50%を超える産業集積があると言われる中、三重県の航空宇宙関連産業は、売上規模・量とも愛知・岐阜に比し大きく遅れをとってしまっていることは、残念ながら否めません。更に、愛知・岐阜両県では「総合特区」を設けてこの分野の一層の強化に取り組もうとしています。 三重県も歴史的に見ると航空産業の集積が無かったわけではありません。戦時中ではありますが、三菱重工名古屋航空機製作所の三重工場が鈴鹿(鈴鹿医療科大付近)、四日市(現東洋紡績の工場)、津(現オーミンシの工場)にあり、零戦や一式陸攻などの部品生産や組み立てが行われていたことを考えると、三重県においても、もっとこの分野の産業育成に力が注がれてしかるべきものと考えます。
大量生産品を中心に生産工場の海外移転が進む中、県内企業の中には国内の雇用や技術を守るためにも、航空宇宙分野への参入を考えておられる企業も多いと思われますが、これまで三重県内には航空宇宙産業を専門的に勉強していく組織がなく、情報収集のためには愛知県や岐阜県で開催される会合に参加する必要がありました。本会は県内においても斯業界参入に関する情報収集・情報交換、そして人脈作りなどを行う場の提供を目指すものです。

このような趣旨の下、多くの意欲的な三重県企業の参画をいただき、「三重県航空宇宙産業育成を考える会」を設立します。

1、 三重県内企業の参加を募ります
2、 当会のリーダー、役員(世話役)を決定します。
3、 当会による研修・視察・勉強会の開催します
4、 航空機や宇宙関連に関する資格認証勉強会や、人材育成などの催しも検討していきます。
5、 その他各種の必要事業を行います。